美的収納でいう「物への思いやり」とは、捨てないことではなく、大切にしまっておくことでもありません。
使って、手入れをして、また使って、手入れをする。そしていよいよ使えなくなってしまったら、さよならしましょう…ということ。そこまで使えば、自然に感謝の気持ちも湧いてくるもの。もし飾るだけものでも、愛でて、磨いて、愛でて、磨く…。
物に心を向けることが物への思いやり💛