あなたが衣類管理で最も気になることはなんですか?
それによって選ぶもハンガーも変わってきます。

1.クローゼットやタンスを開けた時の見た目
→このタイプの方は、色、形、質感、厚みが同じハンガー。
2.型崩れやしわ
→このタイプの方は、洋服の襟や肩の形、素材に合ったハンガー(数種類)。
3.洋服の枚数(減らそうと何度試みても、どうしても手放せない!)
→このタイプの方は、丈夫で薄くて滑りにくいハンガー。

昔の私は1でしたが、現在は2です。8種類のハンガーを使っています。続く…