2021
03.11

忘れられない光景

Blog

あいみょんのマリーゴールドを聴くと、思い出す光景があります。

ボランティアで行かせていただいた女川で、津波で折れた桜のそばに、凛と咲いていたマリーゴールドの姿です。

その先には津波で流されてきた漁船が、あるはずのない場所に置かれていました。写真に収めるのが忍びない気持ちと、あの日を忘れないという覚悟が入り混じった気持ちで、シャッターを押したせいかピントが合いませんでした。

波に消えてしまった命、懸命に咲こうとしている桜の命、まるで被災地であることなど知らぬかのように咲いているマリーゴールドの命の光景が、同じ場所に広がっていました。

桜は2012年に枯死してしまいましたが、さくら咲く地蔵へと形を変えて生まれ変わりました。

どんな運命でも、淡々と時は進みます。だからこそ、かけがえのない時、命を大切にしたい、大切にして頂きたいと願ってやみません。